だから酵素ダイエット
だから酵素ダイエット
ホーム > 注目 > ミルクの与え方~混合で育てるメリット

ミルクの与え方~混合で育てるメリット

赤ちゃん 育脳 効果
現代では、赤ちゃんのミルクの与え方は混合が一番多いです。

混合とは、母乳、粉ミルクをどちらも併用する方法です。

働くママが多くなる一方で、母乳育児をしたいというママもたくさんいます。

母乳は赤ちゃんにとって代謝が良く体に負担がかからない成分で生成されています。

また、新生児から母乳を与えると

母乳からの免疫をもらい、病気にもかかりにりくくなります。

一方粉ミルクは、赤ちゃんの未発達なお腹にはまだ負担がかかることもあり、消化も遅いです。

母乳なら赤ちゃんがほしがるだけあげても問題ありませんが、粉ミルクは分量と時間を決めて与えるようにします。

粉ミルクは腹持ちが良いですが、母乳は消化がいい分赤ちゃんのお腹が空く時間も感覚が空かないことも多いです。

母乳育児だけにこだわってしまうと母体に負担がかかったり、夜も頻繁に起きて疲れ果てることも。

そのため、母乳と粉ミルクの両方をうまく与えていくことが最も効率の良い方法です。

また、粉ミルクが飲めることによって赤ちゃんを預けることができます。

母乳育児のみだと哺乳瓶自体を嫌がってまったく飲んでくれない、という赤ちゃんもたくさんいます。

粉ミルクを与えることに罪悪感を感じず、母体を休めるためにも上手に活用していきたいですね。